侵入犯の手口、ピッキング、サムターン回しとは

侵入犯の手口

空き巣被害の対策

  • 昔は、窓から進入していた泥棒も、現代では、普通の格好、ビジネスマンのようにスーツ姿で玄関から入って堂々とくるのが主流だといわれています。
  •  

  • 、日本の経済状況のせいか、世界がグローバル化したのか多くの空き巣被害が発生しています。何の防護、対策もしないのでは不安な人もたくさんいると思います。
  •  

  • 現代は家の鍵を通常の状態ではダメで、特殊にしていないと「窃盗しやすい家」のリスクを背負うことになるのです。

 

効果的な防犯対策

 

防犯対策のひとつとしてカギを交換する方法があります。

 

しかし、カギを交換するだけでは不十分です。カギを交換するよりもカギを増やすほうが効果があると言われています。時間がかかるからです。

 

ギの場所を工夫するのも方法です。ガラスを割って手を伸ばした所にあるよりは、手の届かない所にあるほうが効果があるでしょう。空き巣などの侵入者は、ドアを開ける時間が長くなればあきらめるケースが多いようです。

 

侵入犯の手口

 

侵入犯は「5分が勝負」といわれています。侵入時間のかかる家は狙いません

 

ッキングピッキングとは、ピックという数種類のピンのような金具を、カギ穴に差し込んでカギを開けて侵入する方法です。

 

ピッキング技術を必要としますが、手馴れた人間ならカギの種類によっては数秒から数十秒でカギを開けてしまいます。

 

サムターン回し

 

サムターン回しとは、特殊な工具や手で、玄関ドアのすき間や備え付けての郵便受け、あるいはドリルでドアに穴を開たり覗き小窓を壊したりします。

 

こから玄関ドアの内側にある施解錠操作をするためのツマミ金具(サムターンといいます)を回してカギを開ける方法です。

 

カム送り

 

ム送りとは、シリンダーカラー(シリンダーの枠)を引っ張ると出来るドアとシリンダーカラーの隙間に特殊な道具を差込み、シリンダーを迂回して直接カギ本体のカムを触って解錠する方法です。